相談事例一覧

①「マイホーム購入を迷っている」方のプラン作成

1.ヒアリング時
物件が決まっている場合は、物件や住宅ローンの見積書をお持ちください。
現状の家計収支を拝見しながら、今の貯蓄のペースや、積立タイプの保険の有無などをお伺いします。その他には、現在の家賃や、職場の家賃補助などの福利厚生なども含め検討していきます。

2.現状の確認(キャッシュフローの確認)
ヒアリングの内容を全て数字にして将来の家計の推移を確認します。この事務所では、ライフプランは95歳、または100歳まで安心して暮らせるような予算取りをおすすめしています。先々、大病をしたり、介護で施設に入居するようになったとしても費用が捻出できるように想定外の場合でも対処できるような強い家計を目指しています。
住宅の契約をお急ぎの方は、2回目である程度方向性が分かりますので、そこでご判断いただくことができます。

現状のままでは厳しい(厳しそう)な場合は・・
生活スタイルをどの位調整すれば、良いのか。そもそもムダはないのか。社会保障でカバーできる分を考慮しながら生命保険を見なおせないか、その他の固定費はどうかなど一緒に考えていきます。見通しがたてられそうなら購入へGO!

お考えによっては、現状の家計はそのままで行きたいなどもあると思います。その場合は、住宅価格を見直す選択になると思います。

キャッシュフローを確認ながら、それなら私(奥様)のワークプランを「専業主婦→パート」に、「パート→(契約)社員」になど検討したいという方もいらっしゃいます。

反対に、もう少し住宅にお金を掛けられることに気付くケースだってありますよ。

「家を買わなかった場合」や「子供が生まれる(家族が増えた)場合」などの別シミュレーションも遠慮なくお申し付けください。いくつも比較して検討していただきたいので喜んで作成いたします。

3.実行へ
2回目の面談での補足や、住宅ローン選びについてのアドバイス、繰上返済をした場合の返済期間の変化や利息軽減効果の確認もできます。シミュレーションをま確定拠出年金(企業型DC)やイデコ、つみたてNISAなどの資産運用もご関心がありましたらお話しすることも可能です。最後に一緒に考えたライフプランをファイルにしてお渡しします。ライフプランの物差しとしてご活用ください。

<FPからのワンポイントアドバイス>
理想は、物件を決める前にライフプランを作成し、無理のない予算を検討するのがおススメです。とは言え実際は物件が決まってから「買っても返済できるか」「週末に返事をしなければならない」というご相談も多くあります。「手付金を支払ったので後に引けない」というお話しも珍しくありません。出来れば、10年、20年、そして老後まで安心して過ごしていける見通し、予算を立ててからの購入をおすすめします。

2020年05月01日